BLOG

ブログ

講習会

その他
2022.12.19

12/2に「マスクフィットテスト実施者養成講習」を受講してきました。
これは昨年受講した「特定化学物質技術講習」に関連するもので、
金属アーク溶接時には高温で溶融した金属が発する蒸気(ヒューム)が発生します。
これは人体に有害で発がん性物質も含んでいます。
これを人体に取り込まないように装着するのが保護具(マスク等)になります。

前置きが長くなりましたが、
今回受講したマスクフィットテストは新たに法令化されたもので、年に1回定期的に
実施することが義務付けられたものになります。
講習内容は専用測定機器を使用し、装着者と保護具の密着性について測定し、
作業者に適した保護具を使用してもらうことが目的になります。
保護具はただ装着すればいいのではなく、形状、サイズ、装着状態が適切であって
初めて機能します。

測定などは専門機関に依頼するカタチになり、会社として出来ることはそれほど多くはありませんが、
正しい保護具の装着方法など講習で得た知識を社内で活かしていきたいと思います。


製造1課  K@TO